脳梗塞のサインを見逃すな|原因を知って予防しよう

看護師

検査詳しく知ろう

患者

肺腺がんの日常的な検査としては、職場での健康診断がある。肺がんは専門医でないと、見落とすことの多い疾患で、可能であれば専門医による画像診断が望ましい。癌であるかどうか不安がある患者は、CTやPETによる検査を受けることで、高い精度で癌の有無が分かるため安心できる。

詳細へ

くも膜下出血を未然に防ぐ

女性

脳動脈瘤は脳の動脈の一部が膨らんで瘤のようになった状態です。これが破裂するとくも膜下出血を起こし、生命を失ったり、深刻な後遺症を残すことにつながります。脳ドックの普及で破裂する前の脳動脈瘤を発見できるようになり、手術で破裂を未然に防ぐことが可能になりました。

詳細へ

脳の検査をしよう

看護師

健康意識の高まりにより、脳ドックを受けるひとが増えている。京都府では京都市内に人口が集中しており、今後も市内を中心に脳ドックが増加すると考えられる。脳ドックではMRIが検査の中心になる。この検査においては磁気を使用するため、金属類を身に着けると装置に金属類が引き付けられて危険である。

詳細へ

脳血管の疾患をチェック

女性

分類と原因を知ろう

脳梗塞とは脳の血管が何らかの原因で詰まってしまい、それより先の栄養されている脳が壊死してしまうことにより様々な障害が発生する疾患です。脳梗塞の分類は、脳血管がどの位置で詰まるかによって大きく分類でき、ラクナ梗塞は細い脳血管が、アテローム血栓性脳梗塞は中くらいの脳血管が、心原性脳梗塞は太い脳血管が詰まってしまいます。太い血管が詰まる場合にはダメージを受ける部位も広範囲におよび致死率も高くなってきます。脳梗塞の原因は血栓とアテロームです。血栓とは血の塊のことで普通人間の血管の中ではできません。しかし加齢などにより血栓ができてしまうことがあり、それが脳梗塞の原因になります。アテロームとはコレステロールを多く含む、血管の内側の瘤のようなものです。このアテロームが破裂した場合、周囲で出血が起こることによって周囲の血が固まってしまい、脳血管が詰まってしまいます。

予防行動が人気です

脳梗塞の治療では、疾患の発症を予防することに関心を示す患者が多いです。その理由はこの疾患が発症した場合の予後が、あまり良いものではないからです。脳梗塞は発症すると、4.5時間以内ならばアルテプラーゼ静注療法が適応できます。これは心房細動などによってできた血栓を溶かしてしまう治療方法で非常に効果があります。また早期に病院を受診できれば、マイクロカテーテルなどを使って血栓を除去する治療も可能です。ここで問題になるのは、この早期発見が難しい点です。脳梗塞の症状は、他の疾患の症状と類似するものが多く鑑別が難しいのです。そのため予防によってそもそも発症しないようにした方が良いと考えられています。脳梗塞の治療は、予防が一番重要で、次に早期発見が重要といえます。そのためには疾患の知識を正しく持ち、症状を見分けられる知識が必要になります。